海外旅行保険〜子供編〜

子供の海外旅行保険を使ってみて

去年ハワイに行ったときのことです。
2歳直前の息子が、なんかぐずってる。なんでぐずってるのか、本人に聞いてもわかる年じゃないので「どうしたんだろう」なんて夫と一緒に話していたのですが、風邪でも引いて熱でも出すのかと思っていました。が、鼻水は出てないし咳もしてないのに、お熱だけが出てるんで、とりあえず日本から持ってきた熱さましを飲ませて寝かせてみました。が、夜もぐずって寝ない。だんだん心配になってきた私は、海外旅行保険もあるし病院に連れて行こう、と渋る夫を説得して海外旅行保険のカスタマーサポートに電話。近所で今開いている病院を教えてもらって、タクシーで行ってきましたよ。

 

通訳さんをつけてくれるということだったのですが、私は実は翻訳を仕事としているので、大丈夫ですとお断りしました。
病院に行くと、保険証の提示を求められ、そのあとは速やかにお医者様に診ていただきました!
なんと日本では一度もかかったことのなかった、水疱瘡にかかっていたのっです!どうやら、飛行機の中で映ってしまったらしく、2−3日潜伏してから一気に出てきたらしいです。そのお医者様が体中をチェックしたところ、息子の背中に小さなポツポツ、そして頭の地肌にもポツポツができていました。まさかハワイで水疱瘡デビューとは。他の子にも感染させてしまうため、そのあとはホテルで監禁状態ですよ。カーマインローションというのが、水疱瘡の痒みをとってくれるという現地の人の知恵で、カーマインローションを塗り塗り、帰りの飛行機で搭乗拒否されたらどうしようと気が気じゃありませんでしたが、買える日には元気になり普通に帰ってくることができました。
最終日だけ、ちょこっと海に入ることもできてよかったのですが、何をしにハワイに行ったのかわからない旅行になってしまったのは言うまでもありません。
みなさんも、日本でかかっていない病気に突然かかってしまうこともあるので、子供連れの旅行では保険に入っていたほうがいいですよ。